SFAシステムと営業支援

admin post on 11月 28th, 2014

SFAシステムの原型は、インターネットで自宅から営業結果を報告するということで始まったそうで。そこから営業関係の色々な使いやすい便利な項目が加わっていき、今に至るということですが、そうなると形が決まっていて、そのシステムを販売したのではなくて、顧客が便利なようにシステムを作っていき、それを販売しながら改良していったということになります。それはそれぞれの会社なり企業で営業環境が違うということを意味していますから、SFAシステムを導入する場合には、自社にどのようにフィットするかということを見定めないといけないということになります。それは自社の営業担当者が、まず使いやすいかどうかを判断するということで、決定をする担当者だけで決められることでもないということになりますし、そのシステムを販売する業者だけでも決められないということになります。あくまでも自社にとっての使いやすさが優先されるということになります。

SFAシステムの使いやすさ

SFAシステムのシステムということでもたくさんの種類があり、自社でそのシステムを開発する企業までありますが、その体験ということでは、営業の担当者と開発の担当者が同じ場合は少なく、だいたいは違っているので、営業の当事者から見ると、とても使いにくい場合があり、そのことをあえて提案できずに、とても日本人的ですが、自然に使わなくなるということで、お茶を濁す場合もあります。結局はその担当者が営業を経験していないからですが、机上の営業と現実の営業の違いということになります。そのようにシステムというものは人間関係にぶつかる場合もあるので、専門の企業に依頼したほうが、そこは商売ですから言いたいことを言えるということにもなります。そのようなこともあるので、SFAシステムなどのシステムは、アウトソーシングしたほうが、ノウハウも手に入れられますし、良いのではないかと思います。

SFAシステムの重要なポイント

SFAシステムでは、そのシステムを導入した企業が結果的に生産性が上がり、その企業全体が発展したり、進化した企業になったかどうかが全てになります。ビジネスは結果が全てなので、SFAシステムでも導入段階の営業で、いくら素晴らしいということをアピールして、美辞麗句で飾ったとしても、結果がその後出るので、それを見ればそのシステムが良いシステムだったかどうかがわかります。結果を出せないSFAシステムでは、少なくとも導入したその企業にとっては、まったく意味をなさず、時間とお金の無駄になり、効果どころか足を引っ張ったということになります。機会損失の典型的な導入という事にもなります。また他のすべての企業で成功していても、自社で効果がなければ、まったく意味がないということでもありますので、システムを導入したり、変更したりする場合には、営業担当者の内容が問われますので、そのことも最初に確認しておくと良いと思います。

ネクストSFAは属人的な部分に頼っていた今までの営業プロセスを可視化し、営業の効率を向上させます。 せっかくの見込をつまらないミスで失ったことはありませんか。なんとなくの管理から適切な管理に変わります。 せっかくな有益な提案の電話を迷惑電話だとガチャ切りされたことはありませんか。それは営業するタイミングを誤っている証拠です。 SFAならよくあるミスを予防できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)