SFAシステムと営業の項目

SFAシステムではできるだけ、自社の誰にでもわかるようなシステムが望まれると思いますが、例えば営業の部署にしかわからないシステムだと、他の部署の営業の部署への理解が欠けてきて、溝が深まったりする場合があります。幹部会議などでも、それぞれの部署がはりあったりするような会社もありますが、要は理解ができていないということも原因になったりします。SFAシステムなどを導入する場合でも、誰でもが理解できるシステムだと部署ごとの溝や自分だけの城に閉じこもるということもなくなり、それぞれの社員が営業マンでもあるという理想的な組織になることができる可能性もあります。気持ちだけでもそうなっていると、その会社は発展しないわけがないということになります。とくに組織が大きくなると自分の組織の細胞を必死で守り、全体を弱めてしまうということもよく聞きます。SFAシステムの導入は営業面からの壁を取り除くという役割もあります

SFAシステムと導入ということ

SFAシステムでは、わかりやすさということが重要ではないかと思いますが、例えばヒアリングから提案、見積もり、価格の交渉、結果待ち、そして受注とそれぞれを可視化できるということで、誰でもがそれぞれの個々の営業担当者の進捗状況を把握できるようなシステムが良いSFAシステムということになると思います。そうすると行き詰まっている営業担当の人のその段階でのテコ入れもできるということになります。そのように可視化をしながら誰にでも見ることができるSFAシステムの導入が望ましいということになりますが、それはそれぞれの企業の営業の担当者や、営業に詳しい担当者はよく理解しているでしょうから、そこから選ぶようにすると良いのではないかと思います。あくまでも使う人たちが出来るだけ利用しやすいシステムを導入すると、業績も向上するのが当たり前になると思います。そうでないということは何処か可怪しい、合っていないということでしょう。

SFAシステムと具体的な機能

SFAシステムの具体的な機能ということでは、どのようなものがあるかというと営業面では、日報作成機能営業案件作成機能、営業プロセス管理機能、見積書作成機能、請求書作成機能、顧客情報閲覧機能、分析機能、顧客絞り込み機能などで、それを駆使して営業ができれば、これほど便利な営業のアイテムはないということになります。またそれぞれの会社でも弱い部分がありますが、それを把握して補強するということでも、そのようなシステムを導入することで、自社の弱い部分をシステムが補強してくれるということになりますので、導入する意義がよく分かるシステムということになります。そのように営業という外部の働きかけと、システムの効率化での営業を楽にするということでの利用ということがうまくバランスが取れれば、これほど良いシステム、アイテムの取得はないのではないかと思いますし、続けて利用でき発展も期待できるので、基礎的なシステムは早めに導入しておくと、その会社のためになるということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*