SFAシステムと導入時のポイントの把握

SFAシステムの導入ということでは、どのような機能があるかということもそうですが、特徴その他把握することは色々とあるのではないかと思います。例えば特徴も含めて機能やコスト面でも導入が有利かどうかということも重要なポイントだろうと思います。また誰が見ても利用しやすい見やすさなども大切です。最近は大人でもアニメや漫画などの影響を受けている人が多いですが、アイコンなどでもただ文字だけでは、味気ないということですので、その面でも工夫ができていると、そのソフトを利用しやすくなります。それでなくても厳しいのが営業ですので、少しでもそのような面で明るい取っ付き易い表示なり工夫がされている必要があるのではないかと思います。モチベーションを上げてくれるようなソフトの印象も大切です。スキンの切り替えができるというような機能もあったほうが良いかもしれません。またその会社の課題を解決できるツールもないといけないとなります。

SFAシステムと導入時の受け入れ

SFAシステムでは、機能が多すぎて使いこなせないということもあります。機能を使うことができるようになっていればそれを使おうとしますが、そうなると使おうとする意識で時間が取られてしまい、本来の営業自体の意識集中ができなくなるということもあります。また世代によりすぐに理解できる場合も、時間がかかる場合もありますが、それは営業力とは全く関係ない場合があります。そうなるとそれぞれの機能を無効にできたり復活させられたりできるシステムだと、それぞれの営業担当者にとっては、とても便利なソフトということになります。名前の通り営業支援システムなので、営業の足を引っ張っては支援になりません。自社の営業担当者が、今の時点で使いやすく、なおかつ将来も発展できるようなシステムが好ましいSFAシステムということになります。そのようなSFAシステムを選ばなければならないということになります。

SFAはアメリカ生まれの高機能システム

SFAとは、SalesForceAutomationの略で営業支援システムという意味です。元々アメリカ生まれの高機能システムであり、具体的にはパソコンやインターネットなどの情報通信技術を用いて、企業の営業部門を効率化するシステムのことを指します。このシステムは日本の大分部を占める中小企業の営業マンにとって扱いが難しい場合があり、これはアメリカの営業マンと日本の営業マンの仕事に対する根本的な考え方や感覚の違いによるところが大きく関係していると言われています。そのため、実際に業務で使ってみた上で、使い勝手が悪かったりすることもよくあることであり、そのような場合は、別のSFAにチェンジする必要性も出てきます。数多くの商品が出回っている中、日本人向けに開発された商品は、使い勝手の良さから高い人気を集めているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*