SFAシステムの使いやすいポイント

最近のSFAシステムを始めとするインターネット関係やネットワーク関係のシステムでは可視化ということがとても重要視されていて、誰でもすぐにそのシステムを見て使いこなせるようなシステムでないと、営業などは特にITシステムとは違いますので、素人ということもあり、また新しく入ってくる人が多く、入れ替えも激しい部署でもあるので、基礎的な知識が少ない人でも感覚的に使えるようなシステムが望ましいということになります。これは今のインターネット関係のシステムでは、可視化はどこでも重要視されています。難しい説明をされても、それがどのように良いシステムでも、営業の担当者の使い勝手がすべてということですから、本来営業の担当者が使い、それを存分に利用できるというレベルが最高のSFAシステムということになります。ですのでそれは利用する企業により変わるということになります。それが幼稚なシステムでも高度なシステムでも、その会社の収益が向上するシステムが、その会社での最高のシステムということになります。

SFAシステムのレベルの選択

SFAシステムばかりではありませんが、新しいシステムを導入しても、それを生かせないと意味がないということになります。経営者が利用する新しいシステムでも、導入してもまったく生かせずに、それらのシステムが良くないということになっている場合も多いようですが、本当はそのシステムが悪いのではなくて、使いこなせるセンスや能力がないとか、その業種や企業にまったく合っていないシステムだったということが多いのではないかと思います。そのような問題点は常にシステムを導入する時に起こると思いますが、SFAシステムでも同じで、特に営業関係のシステムなので、営業の人達は個性が強い人達が多いと思いますが、そのシステムで自分たちの営業の結果が良くなることがすべてということになります。そして自分たちの営業の足を引っ張るようなシステムの導入はモチベーションを下げてしまうでしょう。その辺りも考えておくべきだと思います。

SFAシステムと企業の問題点

SFAシステムに限りませんが、人間の行っている行動はビジネス面にかぎらず合理的でない場合も多くあります。営業でも常に最先端の科学的な営業をしている企業はまれでしょう。その業界の商習慣や先輩からのやり方の伝統的な相続やその企業のポリシーなどでも個性があるということになります。そのようにSFAシステムの場合でも、それらの目に見えない内容が目に見えずにあり、そこに目に見えるシステムを導入していくということになりますから、そのすり合わせができる提供企業の担当者と受け入れる企業の担当者の力量が大きく影響するのではないかと思います。その辺りのシステム導入での影響を見通すことができると、それはどちらにも最高の結果が得られるということになります。そうなるとそのシステムを提供する企業のレベルも問われてくるということになります。相手もよく選ばないといけないということでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*